« 紅葉も見頃を過ぎ冬支度へ | トップページ | 今年も残りわずか。 »

2015年12月 1日 (火)

師走に入りましたが暖冬が続いています。

こんにちは。

12月1日に入り、師走となり何かと慌ただしい時期ともなりました。

小国でも、例年であれば凍えるような寒さで雪もちらつくような時期なのですが、何とも暖

かく、陽気な天気となっています。ただ、夜は冷え込みが厳しくなっています。

さて、11月27日~28日にかけてNPO法人九州森林ネットワークの主催によるフォーラム

が小国町の木魂館で開催されました。テーマは、「山へ向かう人たちの群像」~IUターン

者の活躍と山村の未来~で2日間に亘って、講義あり、ワールドカフェあり、夜なべ談義

等で盛り上がっていました。今回は、開催20回記念となり、記念の冊子も作られたところ

です。

また、木魂館が温泉湯の温度を上げるため薪ボイラーを建設中で、木の駅プロジェクト

の詳しい説明もありました。

講演は、田園回帰で有名な島根県中山間地域研究センターの研究総括監の藤山先生

を招聘し、講演。毎年の人口と所得の1%を回復出来れば中山間地域は安定する。

工場誘致などは必要ない。地元の資源、食材をスーパーに置けば、経費を押さえられ、

所得収入にも繋がる。と訴えていました。

また、木魂館の館長の江藤氏も講演し、移住者が小国に入る希望があれば、まず地元に

慣れるための繋ぎ役となりたい、更にUターン者を増やす事で、人口減少に歯止めが、

かかるとの見解でした。

これから、国も地方創生戦略により、都会から活気ある地域への人口流出を狙っている

様ですが、双方のマッチングがうまく行かないと難しいと思われます。

小国町も団塊の世代と若い世代がうまく連携して行けば、何かが起こりうるかも知れま

せん。

Pb2700061Pb2800131


« 紅葉も見頃を過ぎ冬支度へ | トップページ | 今年も残りわずか。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1954349/62765059

この記事へのトラックバック一覧です: 師走に入りましたが暖冬が続いています。:

« 紅葉も見頃を過ぎ冬支度へ | トップページ | 今年も残りわずか。 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31