« 稲穂が実り、色づきはじめました。 | トップページ | 紅葉も始まりました。1 »

2017年10月17日 (火)

秋雨前線で作業が進みません。

こんにちは。

実りの秋となり、こがね色に染まった稲穂があちこちで見られます。既に収穫も始まっていますが、何せ雨が続きコンバインが入れない状況です。私は、何とか12日に間に合いまして、収穫する事ができました。また、収穫を祝う秋祭りも明日、町内でにぎやかに行われます。この秋の大祭は、小国の両神社の奉納がメインでありまして、この両神社阿蘇地方を開拓されたと言われる「タケイワタツノミコト」の第二・第三の「み子」である高橋宮・火宮を主神として祭られこの2つの神から両神社となずけられたと言われています。既に14日から始まっており、明日が神輿を担いでパレードします。その両神社の境内にある杉の木を今年は、伐ります。年に1度ある南北小国町の古木が集まる優良材市が11月1日に開催され、両神社の200年の杉5本ぐらいが市に掛けられます。高値での取引きに期待したいところです。ご利益があるでしょうか。                                  さて、前々回の続きの小国の歴史の話ですが、期間が空いて内容を忘れてしまい、資料を物色し、さらに勉強をすることになりました。年号が前後しますが、書かせていただきました。

鎌倉時代には南小国町に勅願時として北条氏によって満願寺が建立されたのは、前回でも紹介しました。そのために北条時定が小国郷に下向し、これにより南北朝時代には北条氏の支配下に小国郷はありました。遡ること源頼親の一子で幸鶴丸(綿貫次郎左衛門妙義)が当初300町の領地を拝領とされ、その後小国に下向した幸鶴丸改め綿貫次郎左衛門妙義が小国郷の領事となり、菊池氏(現熊本県菊池市)の攻めに鐘ヶ城(南小国と小国の町境界)を築き備えた。また、北の大分玖珠に接する湧田山にふもとには桜尾城を築き、菊池氏の大友氏の領地への侵入を防ぐための防御の重要な城となった。小国郷が通過するルートとなっていた。妙義から数代の孫を経て、綿貫氏から北里氏の姓と変わり加賀守包義(14代)が桜尾城の初代城主となり北里氏の代が末代まで続くことになる。このころ小国は、阿蘇氏の支配領域に組み込まれており、阿蘇惟豊が大宮司職をあてがわれている。北里包義は、行政・軍事の両面での代官的な役職に任じられていた。一方では、下城右京亮が登場しており、この方も阿蘇惟豊より代官的な役割を任じられており、状来の流れの支配勢力を残すものの、阿蘇氏の直接支配構造を新たに取り入れても来ていた。のちに北里氏と下城氏は小国郷内で幾度に亘り勢力争いをすることになるが、最終的には北里氏が支配し下城氏は北里氏の配下となる。現在も下城と言う大字は残っており、城跡も下城若宮神社の近くに残っている。wink 続く・・・・・

2171_2 Dsc_03711_2




 

« 稲穂が実り、色づきはじめました。 | トップページ | 紅葉も始まりました。1 »

コメント

幸鶴丸の名は綿貫次郎左衛門信義で
姓名を綿貫から北里に改めた妙義は
幸鶴丸から10代から12代後世の子孫
ですから、妙義は幸鶴丸ではありま
せん。又その間の北里氏系譜は不明
となっています。
幸鶴丸が生きた年代は西暦1000年代
で、妙義は元徳元己己年に81歳で亡
くなってますので、西暦1250年から
1330年頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1954349/71988928

この記事へのトラックバック一覧です: 秋雨前線で作業が進みません。:

« 稲穂が実り、色づきはじめました。 | トップページ | 紅葉も始まりました。1 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31